flakecupバナー.png

肉フェス TOKYO 2018 REPORT!!

 

【肉フェスTOKYOライブレポート】

 

 

 

「肉フェス」は肉料理だけでなく、お笑い音楽アニメなど、 枠にとらわれない幅広いジャンルの人気コンテンツで楽しませてくれる 「肉フェスステージ」もイベントの魅力のひとつ。 最先端のエンターテイメントを担う出演者たちが登場した。

 

 

 

今回JUNGLE LIFE MAGAZINE と「肉フェス」のタッグが実現。 「JUNGLE LIFE MAGAZINE presents 肉フェスROCK DAY」が、 4/27(金)の初日にお台場の会場で開催された。

 

 

 

叙情派エモーショナルギターロックバンド《Aftertalk》、 DJや作曲家など多岐にわたる活動で注目を集める「ゆよゆっぺ」率いる 肉食系ロックバンド《GRlLLED MEAT YOUNGMANS》、 独自の世界観と高い表現力を誇るラウドロックシーンの注目株
《SILHOUETTE FROM THE SKYLIT》、ジャンルの垣根をなぎ倒し 独自のミクスチャーロックを探求する《onepage》の4組が「肉フェスステージ」を沸かせた。

 

 

 

トップは《Aftertalk》
ボーカルNagaiの華奢な体とは裏腹に放たれる 感情剥き出しのマイクパフォーマンスでオーディエンスを惹き込み、 エッジの効いたギターフレーズが繰り出す疾走感のある楽曲でライブを畳み掛けた。 最近注目されるギターロックシーンの新たな答えを 提示するかのような自信を決意に満ちたステージだった。

 

 

 

続いて、ロックだけでなくあらゆるジャンルを 縦横無尽に駆け抜けるような《onepage》。 発売したばかりのアルバム曲「spoil」などを中心に、 ミクスチャーロックという音楽を選んだ意味、 ロックバンドであり続ける 意義を会場のオーディエンスに投げかけた。

 

 

 

3番目は、ゆよゆっぺ率いる《GRlLLED MEAT YOUNGMANS》。 「にくぱ」という定期公演を主催しているだけあり、 今回の「肉フェス」の出演を待ち望んでいたと語るボーカルゆよゆっぺ。 メンバー全員が肉フェスステージを食べ残しのないように、 ダンスナンバーの「復讐のベジタリアン」では ライブ演奏を途中で放棄し全員でダンスを披露。 にんにく愛を謳ったロックナンバー「GARI-GARI-GARLIC」では ドラムやすしがニンニクを一気に食べたり、 やりたい事を全て詰め込んだ楽しみ切ったライブで会場のボルテージをあげた。

 

 

 

そして、トリを飾った《SILHOUETTE FROM THE SKYLIT》。 MCの途中でボーカルSeshiroXがステージドリンクとして肉を食べるという想定外の行動を、 「肉フェス」公式キャラクター「くーちゃん」が登場し阻止するという事態に会場の笑いを誘った。 MC後のアッパーチューン「Emperor Time」ではSeshiroXと「くーちゃん」のコラボが実現。 サビのフリを一緒に披露するという「肉フェス」でしか見る事の出来ない演出でオーディエンスを楽し ませた。

 

 

 

ライブハウスシーンの最前線で精力的な活動を続けるバンドたちの、 刺激的なパフォーマンスを「肉フェス」の大きな舞台で目の当たりにする事が出来た。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

01_WEB_W750px_main-16.png
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now